close

詳しく見る

地球にも優しい家 ZEH ネット・ゼロ・エネルギーハウス

自宅で消費するエネルギー量と、自宅で創るエネルギー量が
プラスマイナス「ゼロ」になる住宅。
政府も支援を行い推進しています。

エネルギーの自給自足自分たちが使うエネルギーは自分たちで賄う

使う電力<創る電力

ZEH住宅(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、創エネルギー量(太陽光などで自宅で発電)が、省エネにより家で使用する電気量を減らすことによって、1次エネルギー消費量(冷暖房設備・換気設備・照明設備・給油設備のエネルギー消費量をそれぞれ計算し、合計して算出)を上回ることができる住宅のことです。

「極」シリーズ+太陽光<0という考え方

「リブレの家」極シリーズの住宅性能に、太陽光発電やHEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)を付け加えることで、ZEHを可能にします。

極暖・極涼・極強

高品質な住宅躯体住宅の断熱性能や耐久性あげ、
エネルギーのロスを防ぐ。

創エネ・省エネ

太陽光で発電させ、エネファームでさらに電気を使いながら発電させ、HEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)で、家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」したりすることで創エネと省エネを実現します。

これからの住まいの主流政府が推進しているから、ZEH住宅認定されると補助金がもらえます!

※1平成29年度(2017年度)「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス( ZEHゼッチ)支援事業」の補助金です。
※2上限は補助金対象経費の3分の1または40万円のいずれか低い方の金額

政府は、2030年までに小規模を含めたすべての建築物がZEH基準を満たすように義務づけを目標としています。そのため、補助金のなかでも桁が違います。
条件を満たすことができればあまり費用をかけずにZEH住宅を建てることができます。

ソーラーパネルで
創った電気は
大切に使う極シリーズ〜UA値0.56w/㎡・K仕様〜の高性能住宅「リブレの家」で 省エネ生活

「リブレの家」極暖仕様ならば、外気温に影響されず、冷・暖房機器で快適になった室内を維持し続けることができるので、少ない電気量で快適に住まうことができます。 ソーラーパネルで創った電気は大切に使います。

頼もしい味方災害時などに停電が発生しても自立運転で発電を継続し、
給油も暖房も使用可能。

リブレの家がオススメする「エネファーム」の場合、発電中に停電が発生すると、自動で自立運転に切替し、停電復旧時には、自動で通常運転に戻ります。

ZEHビルダー認定エストコーポレーションは、ZEHビルダーに認定されています。

ZEHビルダーとは、ZEH推進のために、各々の建築会社が受注する住宅のうち、ZEH(Nearly ZEHも含む)が占める割合が、2020年までに50%以上の目標を掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売業者などのことです。SII「一般社団法人環境共生イニシアチブ」という組織が認定を行っており、ZEHビルダーに認定されている会社が施工した家のみがZEH補助金の対象となります。

私たちのZEHへの取り組み

当社が手掛ける住宅のうち、2020年までにZEH住宅あるいは、Nearly ZEH住宅を50%以上とすることを目標としています。
page top