街を守る縁の下の力持ち「瓦木ポンプ場」

1か月 ago 寺垣

早いもので今年も残りわずかとなってまいりました。

今年もいいご縁を沢山いただき、感謝感謝の一年となりました。

皆様ありがとうございます!

 

この「まちNAVI」、今回が年内最後の更新になります。

2020年も張り切って更新してまいりますので、よろしくお願い致します!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

今回のまちNAVIは「街を守るシリーズ第2弾」です。

「瓦木ポンプ場」に行ってまいりました。

西宮市日野町にございますこの施設は、大雨の時に道路上などに降った雨が溜まらないように、武庫川河川に放流します。

兵庫県庁さんに連絡をして許可をいただき、建物内を見学させていただきました。

 

まず目に留まったのがこの青いポンプ関連装置です。

 

 

館内に入らせていただきました。

 

 

貴重な資料です。仕組みを教えていただきました。

 

 

この建物の中にポンプで吸い上げられた雨水が貯水されます。かなりの規模です。

 

 

 

武庫川に向かっての進路方向です。

 

 

瓦木ポンプ場から武庫川の間の開閉門設備です。

 

 

振り返りますと瓦木ポンプ場が見えます。

 

 

放流位置ですが、河川敷に降りて行きますとすぐにおわかりいただけます。

 

 

こちらが放流位置です。

 

 

 

瓦木ポンプ場 河川監視システムがライブカメラ(ネット)でご覧いただけます。

 

最近の豪雨災害対策も十分に取られております。

自然の中に住むので自然と共存が必要です。

設備の説明をお聞きして、たいへん安心いたしました。

毎日、館内に担当者さんが待機されているようです。

 

 

いい天気でしたので、野鳥と亀が見れました。

いいタイミングでした。

自然を感じる瞬間ですね。

 

 

樹高17m、幹周393cmのクスノキです。保護樹木です。

 

 

大きな樹木です。たくましさと優しさを感じます。

 

 

 

歴史のある文久元年(かのととり 辛酉)建立の石塔です。

1861年です。

元号では、(文久→元治→慶応→明治→大正→昭和→平成→令和)ですので、158年前です。

 

 

武庫川河川敷はいつも綺麗ですね。お手入れが行き届いております。綺麗な芝です。

 

 

近隣の小学校のグランドは、大雨等の災害の場合にグランド周辺に水が流れないように約20cmの高さまで水が溜まるような設計がされており、小学校のグランド周りにはブロックが積まれています。

周辺のお住まいを守るためですね。

 

 

それにしても心温まる壁画がいいですね。

子どもさんが絵を描かれたのでしょうか。

 

 

みんなで街を守りましょう!

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

皆様、よいお年をお迎えください。

 

株式会社リソラ スタッフ 寺垣(てらがき)